30代パパが公開する、5人家族の家計簿。 ~8月編~

お金のこと

家計簿公開を初めて2ヶ月目。今回も貯蓄率を含め、収支を赤裸々に公開していきます。FIREを目指す上で重要な指標はやっぱり貯蓄率です。

8月は夏休み真っただ中。支出が多くなりそうな月ですが、貯蓄率がどうなったのか一緒に見て行きましょう。

結論

8月度の貯蓄率は21.2%でした。想定外の出費があり、先月より6.1ポイントアップ
収入が\555,021-に対し、支出は\437,410-でした。
それでは、収入と支出に関して詳細を見て行きましょう。

21年度の収支と貯蓄率。詳細なデータを取り始めて3か月目。少しずつ蓄積されてきました。

収入

[ポイント]
・太陽光売電による収入が2021年最高値
・臨時収入1.1万円(“その他”に計上)

 

8月の収入一覧

<太陽光発電>
今年1番の発電量でした。7月に発電した分が振り込まれています。おそらく今年はこれ以上にはならないかな。
なぜなら、8月は雨天が多く発電量が少なく、9月以降は日が出ている時間が短くなるので発電量が下がります。

ちなみに太陽光発電は暑さが苦手です。パネルが熱すぎると発電効率が下がるためです。
発電量が一番多いのは8月というイメージがありますが、5月だったり今年のように7月になることの方が多いです。

<給与(私) / 給与(妻)>
私は残業が増え先月比+6万円。妻は子供の看病で休むことが多く、先月比-3.5万円。
子供の看病は予測がつかないので、仕方のない部分ですね。

ふぁいす
ふぁいす

病気に負けないよう、食事と運動で丈夫な体を作ってあげないとダメですね。

<その他>
自動車任意保険見直しにより臨時収入がありました。今月のワンポイントで詳細を説明します。

支出

[ポイント]
・夏休みで子供が家にいることから食費増
・コロナ禍により帰省を控えたため交通費は低い

 

8月の支出一覧

<食費>
先月比+3.6万円です。夏休みで子供たちが家にいることから食費は多くなりました。

また、夏休みということもあって外食の機会が増えたことも要因の一つです。ただ、毎月節操もなく外食しているわけではなく、夏休み限定の支出です。そのためQOLを上げるための必要な支出と捉えたいと思います。

<交通費/交際費>
コロナにより帰省を控えたため交通費は先月と変わらずでした。
また、レジャー施設等にも行かず、お家の庭でプールをすることが多かったため娯楽費もほぼかかっていません。それでもおうち時間を工夫することで子供たちとは充実した時間を過ごせました。


<衣服/美容>
私と妻の美容院が重なり高くなりました。これも必要経費です。

ちなみに子供たちのカットは私がやっているので無料です。節約できるだけでなく以下のようなメリットも感じています。

[メリット3選]
・いつでもカットできる
・美容院に行く必要なし(感染予防という観点でもグッド)
・好きなようにカットできる
ふぁいす
ふぁいす

あとは、いつまでパパのカットでゆるしてくれるかだなぁ。。

今月のポイント

今月の家計簿の中で読者の皆さんにぜひお伝えしたいポイントを書いていこうと思います。

8月のポイントは収入の項目「その他」。
契約中の自動車任意保険を見直すことで、保険料が安くなりました。その結果、年払いしていた私の場合は、見直しによる差額が返金されました。

見直した項目は「運転者年齢条件」です。私が35歳になりましたので、運転者年齢条件を”26歳以上”から”35歳以上”に切り替えしました。

保険対象となる年齢を限定したため保険料が安くなる仕組みです。
これは契約更新時ではなく、誕生日から切り替えが可能です。まだの方はぜひ保険会社に連絡してみてください!

まとめ

今月は夏休み期間ということもあり、食費増は想定通りでした。ただ、帰省できなかったことによる交通費減でトントンくらいになりました。また、帰省しない夏は初めてなので、夏休み感があまりなかったと私は感じました。これは私がホームシック!?笑

9月は支出をコントロールしながらも、読書に、レジャーに、食に、秋を満喫していきたいと思います!

以上が、8月の家計簿公開でした。この家計簿公開シリーズは毎月継続していきます。
毎月の推移から、ふぁいす家がどう改善されていくのかを発信できればと思います。

なにか一つでも皆さんの参考になれば幸いです。それでは次回もお楽しみに。

コメント

タイトルとURLをコピーしました